ジェネリックの問題点

ジェネリック医薬品はとにかく安いというメリットがありますが
問題点がないわけでもありません。

最近は安易に海外からこういったものを代行で買う方が増加していますが
それに伴い業者とのトラブルも絶えないのが実情です。
やはり数が増えれば、その分何かが起こるということでしょうか。

簡単に言ってしまうと、本家の特許が切れた医薬品を真似て作った
医薬品ですから、効果が本家の物と比べて低かったり、品質が 悪い場合も十分考えられます。

また、偽物などもあったりするので、アメリカで作られた
ジェネリック医薬品だと思って購入したら
中身は全く違う国で作られた 偽物という事例もあったりします。

高い国の製品

日本で良く購入されるジェネリック医薬品と言えば
薄毛治療薬やed治療薬ですが、 同じ製品でも色々な国で作られているので
購入する際には、生産国にも 注意して選択する必要があります。

生産する国によっては、衛生面などの基準が違いますから
イングランドやドイツ・ アメリカなどの基準の高い国の製品を購入することが需要となってきます。

中にはインドやタイなどで作られている製品もありますが
これらで作られた価格が かなり安い分、やはり品質的には心配な部分もありますので
価格だけで 決めずに、価格が少し高くても信頼性の高い国で作られたものを選ぶように しましょう。

ただ、上記したように、どこで作られたと記載されていても偽物だった場合は
素人では見分けがつきませんから、変だと思った時点ですぐに使用を止めるように しなければなりません。