ジェネリック医薬品とは

そもそもジェネリック医薬品の事を何なのかよくわからないと

言う方も日本では多いのではないでしょうか。

まぁ数年前に比べれば、認知されるようになったかもしれませんが…。

ジェネリック医薬品とは、初めにその医薬品を開発した

企業や個人の特許が切れ、他社がその医薬品とほぼ同じ製品を

作り販売されたものを指します。

簡単に言うと、本家の商品を真似たものということになってきますが、

効果はほとんど差はなく、特許使用料も必要ないため、

安価で販売できるメリットがあり、ドイツやアメリカなどでは非常に普及しています。

日本国内でも確かに個人輸入という手段で買っている方も多いですね。

安全性に劣る

ただ、日本ではジェネリック医薬品は普及させようとする流れは

あるものの、効果が低くなる・安全性に劣るなどの理由から

認知度も低く、認可される医薬品も少ないといった現状があります。

ed治療薬も、日本製のジェネリック医薬品はなく、購入するとなると

どうしても海外製品となってくるため、心配される方が多いのも事実ではなります。

ですが、日本での製造は駄目でも、個人輸入すること自体は違法では

ないので、信頼できる業者なら安心して購入して使用しても問題はまったくありません。

ただし、病院で診察してもらって、処方してもらうわけではありませんから

副作用のトラブルなどには注意するようにしましょう。