海外のed治療

日本は諸外国と比べても医療技術が発達していると言われています。
しかし認可が遅い。特に薬に関しては本当に遅く
アメリカなどでは既に使われている薬が何年も遅れてやっと日本で認可されるということが続いています。
国としてもっとこのスピードを速めなければなりませんが
これは命に関わるような病気だけではなく、ed治療にも同じことが言えるでしょう。
日本でも少しずつ認可される治療薬が増えてきていますが
海外ではその数倍もの勃起薬が開発され、そして使われていると言われているのです。

海外のed治療薬には既に錠剤だけではなくもっと
手軽なフィルム型のものも出ていると言われていますし
薬だけではなく外科的な手術に関しても海外のed治療は日本よりもかなり進んでいるとのこと。
しかし一方で日本でまだ認可していないということは
そこになんらかの理由があると考えることもできるでしょう。

つまり、臨床試験が不十分であり人体に対する副作用を含めた作用などのデータが少なく
安全性が確保できていないという問題です。

軽々しく認可をして、しかし重大な副作用が現れればかなり大きな問題となります。
そういった事情もあるのでしょう。

また、海外のed治療薬はインターネットを使えば
誰でも手に入れられる時代にもなっています。
試してみたくなる気持ちはわかりますが、あまり不用意に使用することはおすすめしません。